社員紹介 - Message

熱い気持ちのDNAを、私もしっかり受け継いでいく。 ウェディングプランナー 青山 杏樹 

あきらめかけた夢への道が見えた、あの日。

高校時代、進路を決めるときに自分の将来について考えますよね。私が選んだのは、ブライダルの専門学校へ進む道。誰かの幸せな瞬間に携わるお仕事って、すごく素敵だと思ったからです。

就職活動をするにあたっては、7社の結婚式場を受けたのですが、6社はことごとく不採用。グラヴィスは最後の1社でした。「ここでダメなら、夢はあきらめよう」そう決心して面接に臨みました。

結果は採用!本当に夢のように嬉しかったことを覚えています。新入社員研修を終え、プランナーとしての仕事がスタート。最初に接客に出る日も決められドキドキする日を過ごしました。

ウェディングプランナー 青山 杏樹 写真02
ウェディングプランナー 青山 杏樹 写真01

先輩たちの温かさと優しさに、思わず涙。

一度お帰りいただいて、ご成約の返事は次の日ということに。 でも私はあいにくお休みの日で、家でじっと待っているのが本当につらかったですね。 何度も会社に電話をして「お返事きてないですか?」と先輩に聞くのですが、まだきていないとのこと。 夕方にはもう泣きそうなほど落ち込んでしまいました。

そして次の日の朝、事務所に出勤した私は声もでないほど驚きました。 ドアを開けた瞬間、いきなり正面の大型TVから映像が流れはじめたんです。そこには「初成約おめでとう!」の文字が。 そうです、お返事は前日に来ていて、それを先輩たちがもっと私を喜ばせようと隠してたんですね。 感激している私に、先輩たちから拍手の嵐。こんなに嬉しいサプライズは初めてでした。

初成約のお客様との打ち合わせを前に、今は先輩から引き継いだお客様へのプランニングを始めています。 まだ自分の中の引き出しが少ないので、毎日が勉強です。 打ち合わせの場でのふとした言葉も全て書き取り、それを見ながら後でじっくり企画を考えたりして。 その点先輩たちはすごい。ちょっとしたことにもすぐ反応して行動にうつすことができる。 私も早く成長して、後輩に同じように接したい。それが目の前の目標ですね。